健全health情報:うつ病と眠り

これからもずーーーっと健康で生活していきた。
病気で苦しんでいる時なんか特にそう思いますよね。
このサイトでは健康に関する情報を色々とまとめてみました。

うつ病と眠り

気分障害のうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、不眠、憂うつ感、著しい倦怠感、食欲の低下、体重の減少、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図などの辛い症状が心身に現れます。
ストレスが蓄積してしまう構造や、有効なストレスを緩和する方法など、ストレスの正確な知識を学んでいる方は、そんなに多くはありません。
日々繰り返される規則正しい暮らしの継続、食べ過ぎないこと、楽しいスポーツや体操など、古典的とも言える自分の健康への取り組みが老化対策にも関係するということです。
うつに掛かる人の中には、睡眠不足ということが一因になることがあります。では、なぜ睡眠不足になるのでしょうか?


健やかな眠りに付くためには実は運動が必要です。なぜかというと身体に熱を溜めることが、眠ることと密接に関係してくるからです。
子供たちが夜、寝くなってくると体が暖かくなってくるのに気づいた方がおられると思いますが、体が眠る状態になると熱の放出が始まります。子どもの時は運動などで外で遊ぶことにより日中に熱を蓄えます。その熱が寝る時に放出されています。
ですが、大人になると運動することが少なくなり、放出される熱が身体に蓄えられてないことがあります。そうなると、12時過ぎても熱の放出がない→眠りにいい状態に体がならない→良質の睡眠が取れない→翌朝に疲れが残る。
このようなことが起こってしまい、寝不足になってしまい、翌日の仕事に支障をきたす人たちが増えてきています。もちろん、会社でのストレスや寝る前に食べ過ぎたなどの理由などにより寝不足になる人ももちろんいますが、このように身体に熱が溜まっていないということも原因になることをぜひ覚えておいてください。


睡眠に関して、ざっくりと知っていることは以上なのですが、より睡眠とうつについて知りたい場合は、こちらのサイトが詳しいです。100年続く老舗の寝具・布団のお店のようですが、ぐっすり眠れる快眠枕というものを取り扱っておられるそうです。
運動の話や体の熱の話もこちらのサイトを参考にしております。肩こりや首こり、翌朝の腰の痛みについても色々語られているようなので、眠りにお悩みの方は訪れてみてください。

快眠まくら家

PAGETOP