健全health情報:食中毒とブドウ球菌

これからもずーーーっと健康で生活していきた。
病気で苦しんでいる時なんか特にそう思いますよね。
このサイトでは健康に関する情報を色々とまとめてみました。

食中毒とブドウ球菌

食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒が極めて強大な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒力が軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つに分けることができます。
いんきんたむしという病気は20~30代の男の人症例が多く、原則として股間の辺りだけに拡大し、走ったり、お風呂上りのように身体が熱くなった時に強烈なかゆみがあります。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、最もよくある中耳炎で小さな子どもに多く起こる病気です。耐え難い耳痛や38度以上の高熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、耳漏(じろう)などの多様な症状が発生するのです。


子どもの耳管の特徴は、大人に比べると幅があり短めで、尚且つほぼ水平になっているため、様々な菌が入りやすくなっているのです。小さな子供がよく急性中耳炎を発症するのは、これが関わっています。
アメリカやEU圏では、新しい薬の特許が切れた4週間後には、製薬市場のおよそ割がジェネリック(後発医薬品)に取って代わるというクスリもあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)は世界中に浸透しているのです。
内臓脂肪過多の肥満が確認されて、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2~3項目に当てはまるようなケースを、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼ぶのです。


亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わっている様々な酵素や、細胞や組織の生まれ変わりに深く関わっている酵素など、約200種類以上もの酵素を構築する要素として絶対なくてはならないミネラルなのです。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無くなった後に発売され、新薬に等しい成分で自己負担分が少なくて済む(クスリ代が高くない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
ほぼ100%に近い割合で水虫といえば足を想像し、特に足の裏や指の間にできやすい病気として知られていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけに留まらず、体の色んな部位にもうつってしまうという恐れがあります。

PAGETOP