健全health情報:尿路結石症

これからもずーーーっと健康で生活していきた。
病気で苦しんでいる時なんか特にそう思いますよね。
このサイトでは健康に関する情報を色々とまとめてみました。

尿路結石症

下腹の強い痛みがみられる病気の一例として、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、卵管の病気などが真っ先に挙がります。
四六時中肘をついた横向きの状態でTVを眺めていたり、頬に頬杖をついたり、ヒールの高い靴をよく履いたりといった癖や習慣は身体のバランスを崩してしまう元凶になります。


いんきんたむしは20~30代の男の人多く見られており、よくあるパターンとしては股間部だけに広がり、激しく身体を動かしたり、風呂に入った後など身体が温まると強い掻痒感を誘引します。
子供の耳管の構造は、大人のそれと比較して幅がある上に短い形状で、尚且つ水平に近いため、様々なばい菌が入りやすくなっているのです。幼い子どもが急性中耳炎に罹患しやすいのは、この作りが関わっています。
20~30才代で更年期が訪れたとすれば、医学的な用語では「早期閉経」という疾患のことを指します(この国では40才未満の女の人が閉経してしまうケースを「早発閉経(そうはつへいけい)」と定義付けています)。


杉の木の花粉が飛散する1月から4月の時期に、子どもが体温は普通なのにしょっちゅうくしゃみをしたり水っぱなが止む気配をみせない状況なら、杉花粉症の可能性があるかもしれません。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、体内の脂肪の付いているウェートであって、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算で確認できます。
「とにかく多忙だ」「面倒くさいお付き合いが嫌で仕方がない」「あらゆる技術や情報の進歩になかなか付いていけない」など、ストレスを受けやすい要因は一人一人違います。
体脂肪の量には変動が見られず、体重が食物摂取や排尿などによって短時間で増減する時、体重が増加すると体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減少した人は体脂肪率が上がります。


PAGETOP