健全health情報:くも膜下出血

これからもずーーーっと健康で生活していきた。
病気で苦しんでいる時なんか特にそう思いますよね。
このサイトでは健康に関する情報を色々とまとめてみました。

くも膜下出血

くも膜下出血とはほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管の不必要なコブが破れてしまう事が理由となって起こってしまう大変恐ろしい病気として認識されるようになりました。
基礎代謝量(kcal)は就寝中ではない状態で生命活動を維持する(鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張のキープ等)ために外せない基本的なエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
内臓脂肪過多の肥満があった上で、脂質(lipid)、高血圧、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個以上該当する事例を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼びます。
BMI(体重指数)の計算式はどこの国でも同じですが、BMI値の評価は国ごとに違っており、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重とし、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と定義しています。
汗疱状湿疹(汗疱)とは手の平や足裏、または指と指の間などに小さな水疱が現れる病気で、大抵は汗疹(あせも)と言われており、足の裏に出来ると足水虫と混同されることがよくあるようです。


UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特徴があり、オゾン層でその一部が吸収されますが、地表に達したUV-Bは肌の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を損壊させたりして、皮膚に悪い影響をもたらすことになります。
スギの花粉が飛ぶ時節に、まだ小さな子どもが体温はいつも通りなのに頻繁にクシャミしたりサラサラした鼻みずが止まないケースは、その子は『スギ花粉症』の可能性が高いかもしれません。
ポリフェノールで最も有名な特長はL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が異なっており、細胞間の水溶性の部分、脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を防ぐ作用を持っているのです。
陰金田虫(インキンタムシ)は20~30代の比較的若い男性に症例が多く、大抵は股間部にだけ広がり、走ったり、風呂に入った後など体がポカポカ温まると強烈な掻痒感をもたらします。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、臨床データに基づいた研究の成果により、ワクチンの予防効果を見込めるのは、ワクチンを注射した14日後からおよそ150日程だろうと考えられているのです。


子どもの耳管の仕組みは、大人の耳管と比較して太めで短めの形状で、且つ水平に近いため、バイ菌が潜り込みやすくなっているのです。乳幼児が急性中耳炎になりやすいのは、この事が関わっています。
スギ花粉症などの病状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみ等)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、そのために慢性的な睡眠不足となり、次の日の行動に悪い影響を与えるかもしれません。

PAGETOP